空き家活用スタートアップ企業

日経新聞に、空き家活用に関する記事がありました。

「空き家を有効活用する事業に乗り出すスタートアップ企業が増えている。
空き家の物件情報をまとめたデータベースの作成や、売り手と買い手のマッチングサービスを通じて取引を促す。
空き家の数は増加する見込みだが、物件ごとに事情が異なり流通には手間がかかるため、大手不動産会社は手掛けづらい。
機動性を武器にスタートアップが市場をつくりつつある。」(日経新聞2019.2.11)

空き家自体は新築物件にも増して個性が強い取引です。
そのため、不動産特有の地域密着を少し離れて、マクロなマッチングに走ったほうが勝機があるのかもしれません。

案件・人数が密集する都市部でのやり方なのでしょうが、それ以外の地域での動きというのも気になります。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。