トイレの選び方(トイレのリフォーム)

トイレの選び方

最近のトイレは、デザインの良さ、掃除のしやすさ、節水機能など高性能のトイレが増えています。

そのため、選び方に迷われているお客様が少なくありません。そこで、トイレの選び方をご紹介します。

タンクレスとタンク無し

トイレ選びで最も重要な点は、タンクの有りなしです。
大きく3つの形状に分かれますので、どれにするかを決めることが出発点になります。

タンクレストイレ

タンクレストイレは、文字通りタンクの無いトイレです。
写真はTOTO・ピュアレストです。丸みのある形が特徴です。

タンクレストイレのメリット

掃除が楽

タンクレストイレのメリットは、なんと言っても、掃除が楽なことです。
凸凹が少ないので、ホコリが溜まってしまうことが少なくなります。

コンパクトでトイレ空間を広く使えます

タンクがない分、トイレの大きさが小さくなります。
そのため、トイレの空間を広々と使用することができますよ。

連続洗浄が可能

タンクに水を貯める時間が要らないため、連続して洗浄することができます。

一体型トイレ(タンクあり)

一体型トイレは、タンク有りトイレの一つです。
便器・タンク・便座が一体になっているトイレです。写真はTOTOのGGシリーズです。
手洗いがあるタンプとないタイプがあります。

一体型トイレのメリット

掃除が楽

一体型トイレもタンクレストイレと同じく掃除が楽。
凸凹が少なく、ホコリが溜まってしまうことが少なくなります。

水圧が弱くても大丈夫

タンクのあるトイレは水圧が弱くなる2階以上のトイレでも使用できます。
タンクレストイレは水圧が弱いところでは使用できない場合があります。

組み合わせ便器(タンク有り)

組み合わせ便器は、便器・タンク・便座を組み合わせたもの。
最も普及しているタイプのトイレです。写真はTOTO・ピュアレストEXです。

組み合わせ便器のメリット

お求めやすい価格

他の種類のトイレに比べて金額を安く抑えることができますので、トイレにあまりお金を掛けたくないという方におすすめです。

組み合わせが自由

組み合わせが自由ですので、お好みに合わせて、便器・タンク・便座を選んで頂けます。

故障したときの取替が簡単

組み合わせるタイプなので、一箇所故障した時に、その部分だけ交換できるのもメリットです。
修理費を安く抑えることができます。

水圧が弱くても大丈夫

組み合わせ便器もタンクのあるトイレなので、水圧が弱くなる2階以上のトイレでも使用できます。

排水方法

トイレのタイプに加えて、排水方法をチェックする必要があります。
排水方法には、床排水と壁排水があります。
また、排水方法の他に、排水芯や排水高をチェックする必要があります。

測定が難しい場所にありますので、プロの業者に測定してもらうのが確実です。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。