トイレリフォームでは床排水と壁排水が大切!(トイレのリフォーム)

こんにちは、菊川市のリフォームに強い建設会社のセイキ建設です。

本日はトイレのリフォームがしたい!という方に向けて、チェックが欠かせない床排水と壁排水の違いを紹介します!

トイレの排水方法

床排水と壁排水

トイレの排水方法には、大きく、床排水と壁排水があります。

床排水

床排水は、トイレの排水管が床に埋まっているタイプ。

ほとんどの戸建て、マンションはこの床排水のタイプです。

壁排水

壁排水は、トイレの排水管が壁に埋まっているタイプ。こちらは排水管が外から見えます。

一部のマンションと公団住宅で使われています。

排水芯までの距離

トイレを選ぶときは、排水管の中心(=排水芯)までの距離を測定することが大切です!

この距離によって、選べるトイレの種類が変わってくるのです。

床排水の場合

測定方法

多くの一戸建て、マンションはこちらのタイプなので、床排水の場合を確認することが大切。

測定するのは、壁と、排水管の中心(排水芯)までの距離。

床排水の場合は、排水管が埋まっているので外からでは、なかなかわかりません。

そこで確認するのが、キャップ。壁と壁付近にあるキャップとの距離を測れば、排水芯との距離を測ることができます。

キャップが複数ある場合

キャップが複数ある場合には、大きい方のキャップとの距離を測って下さい。

距離が200ミリの場合

距離が200ミリの場合は、各メーカーで規格化されています。

そのため、全ての便器に床排水200mmで設置できる商品があります。(一部例外もあります)

距離が200ミリ以外の場合

距離が200ミリ以外の場合には、排水管の位置を調整できるタイプのトイレを選ぶ必要があります。

リモデルタイプと呼ばれるものです。

リモデルタイプの場合は、もとからある排水管につなげることができる調整用の部品が取り付けられます。

選べる商品がやや限定されるので、注意が必要です。

壁排水の場合

壁排水の場合は、床と排水管中心(排水芯)までの距離を測ります。

こちらは外に出ているのでわかりやすいと思います。

距離が120ミリの場合

距離が120ミリの場合は、各メーカーで規格化されています。

そのため、全ての便器に壁排水120mmで設置できる商品があります。(一部例外もあります)

距離が155ミリの場合

距離が155ミリの場合には、やや選択肢が狭まりますので、注意して下さい。

まとめ

トイレを選ぶときは、床排水・壁排水のどちらか?、排水芯との距離がいくつか?によって、選択肢が変わってきます。

予めチェックした上で、カタログを見たり、ショールームに行ったりするのがよいと思います。

もちろん、プロの業者に頼んで測定してもらうこともできます。

セイキ建設にはリフォーム担当がおりますので、お気軽にご相談下さい!

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。