トイレの寸法を解説(トイレのリフォーム)

トイレ空間の寸法とトイレのサイズを解説します。

快適なトイレ空間を作るためには、サイズをしっかり理解することが大切です。

トイレ空間は3種類の広さ

トイレ空間には3種類の広さがあります。0.4坪、0.5坪、0.75坪です。実際に図ってみると、自分の家がどのサイズかわかりますよ!

0.4坪タイプ

78センチ×123センチのタイプ。分譲マンションに多い広さです。

0.5坪タイプ

78センチ×169センチのタイプ。一戸建てに多い広さです。

0.75坪タイプ

123センチ×169センチ。広いトイレ空間です。

トイレのサイズ

トイレのサイズは大きく2種類です。タンク有りトイレか、タンク無しトイレ(タンクレストイレ)かで決まります。

タンクレス無しトイレは全体に小型になっているので、ゆったりとした空間を作ることができ、とても人気があります。

タンク有りトイレ

タンク有りトイレは、高さ100センチ、幅45センチ、奥行80センチが一般的です。

タンク無しトイレ

タンクなしトイレは、高さ54センチ、幅40センチ、奥行70センチが一般的です。

空間の目安

トイレ両脇

トイレの両脇は、それぞれ15センチ~20センチの空きがあるとよいとされています。

掃除をしたり、モノを置いたりするためのスペースです。

足をおくスペース

トイレを座って使用する時、トイレとドアの間に足が置かれることになります。

そのスペースは約40センチ~50センチが適切とされています。

0.4坪タイプの場合、タンク有りタイプを選んでしまうと、このスペースが小さくなってしまい窮屈さを感じる場合が多いです。

0.4坪の場合には、タンクレストイレを選択することをオススメします。

まとめ

トイレ空間の考え方としては、まずトイレ空間の大きさが、0.4坪、0.5坪、0.75坪のどれに当たるかを把握することが第一歩です。

そして、タンク有りトイレか、タンク無しトイレかを、その寸法をチェックしながら検討することなります。

文字ではなかなかわかりにくいと思います。

セイキ建設のリフォームスタッフが訪問させて頂き、現地で説明するようにしています。

トイレのリフォームをご検討中の方は、セイキ建設にお電話下さい!

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。