山村部の土地の境界画定の新手法

政府は山村部の土地の境界を決めやすくする新しい手法を導入する。航空写真やレーザーで状況を把握し、現地で立ち会わなくても自治体と所有者の間で境界を画定できるようにする。高齢化や人口減少が進む山村部で作業を進めやすくし、所有者不明の土地が増えるのを防ぐ。(日経新聞8月19日)

最新技術を利用して、土地の境界画定をやりやすくする手法の活用が進められているようです。境界の画定、正確な相続のニーズは待ったなし!
不動産取引においても境界画定の正確さは不可欠なので、ありがたい話です。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又はお問い合わせフォームよりお願いします。