トイレのリフォーム・アラウーノ

こんにちは、菊川市のリフォームに強い建設会社のセイキ建設です。

今日は最近人気急上昇中の、Panasonicのトイレ・アラウーノの特徴を紹介します。

トイレと言えば、今までTOTOとLIXIL(INAX)のシェアが大きいですが、最近はPanasonicのシェアが伸びています。

コンビニエンスストアのトイレでも、最近見かけるようになってきました。

※本記事中の画像は、Panasonic社ウェブサイトのものです。

アラウーノはタンクレス

Panasonicのアラウーノは全てタンクレストイレです。

掃除のしやすさ、水を連続で流せる、空間がすっきりするなど、タンクレストイレの特長を持っています。

有機系ガラス素材

Panasonicトイレの一番の特徴は、トイレの素材が「スゴピカ素材」という名称の有機系ガラス素材が使われていることです。

TOTOやLIXIL(INAX)では、陶器が用いられています。

陶器との違いはこちら(Panasonicのアラウーノのページより)

水族館の水槽や航空機の窓などにも使用。細かい傷がつきにくく、ブラシ掃除も可能です。

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/feature/detail.php?id=material

傷やヒビに強いことが特長です。

トリプル汚れガード

Panasonicのトイレは独自の掃除しやすさ、汚れにくさを売りにしています。

トリプル汚れガードとして、

ハネガード、タレガード、モレガード機能を持っています。

ハネガード

泡のクッションで受け止める「ハネガード」

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/feature/detail.php?id=guard

タレガード

フチの立ち上がりで、外に垂れ出しにくい「タレガード」

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/feature/detail.php?id=guard

モレガード

便座と便器の巧みな合わせ技でせき止める「モレガード」

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/feature/detail.php?id=guard

激落ちバブル

Panasonicのトイレは、洗浄にも力が入れられています。その機能が激落ちバブル。

まとめ

トイレのシェアは現状、TOTOとLIXILが大きく、Panasonicはこれを追う形となっています。

独自機能、独自性能で、どんどんシェアを大きくしています。Panasonicの今後の進化にも期待大です。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。