土間コンクリートの施工のポイント

こんにちは!セイキ建設のエクステリア担当です。

エクステリアに強いセイキ建設では、「お庭に土間コンクリートを作りたい!」というお客様よりたくさんの見積り依頼・工事依頼を受けています。
専門業者だから知っている、皆様が共通してお悩みになるポイントをご紹介しますので、エクステリアの計画の参考にして下さい!

土間コンクリートとは?

土間コンクリートは、地面にそのままコンクリートを流し込んだものです。

一般のご家庭では、駐車場や、ウッドデッキの下、犬走りで使われています。

アスファルト駐車場との比較

駐車場として土間コンクリートを検討する時、アスファルト舗装とお悩みになるお客様が多くいらっしゃいます。
弊社では、耐久性の理由で、コンクリート舗装をおすすめしています。

アスファルト舗装は耐久性がいまいち

アスファルト舗装はコンクリートに比べて耐久性が悪く、車の切り返しなどにより、凹みができやすくなっています。
そのため定期的にメンテナンス・補修が必要になります。

アスファルト舗装はコンクリートに比べて施工費自体は安くなることが多いです。
しかし、補修の費用を考えると、長期的にはコンクリートのほうが使いやすく・安いという結果となります。

土間コンクリートのメリット

耐久性◯

アスファルト舗装との比較でもご紹介しましたが、コンクリートは耐久性に非常に優れています。

そのため、一度施工すると、長期間特別なメンテナンスや補修が不要となります。

雑草対策

土間コンクリートを作ると雑草がほとんど生えなくなります。

雑草を取る手間から解放されたいという方から土間コンクリートのご依頼を多数頂きます。

地面がドロドロにならない

土間コンクリートを作らず地面が土のままだと、雨が降った日に地面がどろどろになります。

足元や車の車輪を汚すこととなります。

その点、土間コンクリートを作れば、地面がどろどろにならず、快適に生活することができます!

土間コンクリートの構造

砕石

土間コンクリートを敷設する箇所を掘った後、砕石が敷き均して転圧します。

これは、コンクリートを打設した後に沈んでしまうのを防止するためのものです。

ワイヤーメッシュ

砕石を敷き均したら、ワイヤーメッシュを敷き均します。

厚み

一般家庭で土間コンクリートを施工する場合、コンクリートの厚さ10センチが一般的です。

表面の仕上げ

土間コンクリートの表面仕上には、大きく、金ゴテ仕上げと刷毛引き仕上げがあります。

金ゴテ仕上げ

金ゴテで表面を凸凹なくツルツルに仕上げます。

刷毛引き仕上げ

刷毛(ブラシ)でザラザラに仕上げます。

残土処分に思わぬ出費が

土間コンクリートを作る場合には、その場所の土を掘ることになります。

そして、今まで土があった場所にコンクリートや砕石を入れることになるため、掘った土はそのまま処分する必要があります。

残土処分場まで運搬し、処分料を払って処分するのが一般的なので、残土についても代金を頂くことになります。

土間コンクリートのご依頼はセイキ建設まで!

エクステリアに強いセイキ建設では、土間コンクリートの施工実績が多数あり、お庭の状況にあわせた最適なプランをご提案するようにしています。

土間コンクリート工事はセイキ建設にお任せ下さい!

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。