モルタル外壁の手入れ・メンテナンス・リフォームをご紹介します!

こんにちは!セイキ建設のリフォーム担当です。
今日は、モルタル外壁の家にお住まいの方向けに、モルタル外壁の手入れやメンテナンスの方法をご紹介いたします!

モルタル外壁とは?

モルタル外壁とは、モルタル( セメントと砂を混ぜた材料に水を加えて練り合わせた建築材料 )を外壁に用いたものです。
1990年以前の住宅に多く用いられています。最近の住宅は、サイディングボードによるものがほとんどです。
仕上げ方法には、リシン吹付け、スタッコ吹付け、吹き付けタイル、左官仕上げといくつかのものがあります。

モルタル外壁の弱点

ひび割れ

モルタル外壁はひび割れを起こしやすいという特徴があります。
ひび割れにより、ホコリや雨水が侵入することとなり、建物の劣化が速まります。

防水性が無い

モルタルという材料自体には防水性が無いため、防水塗装が施されています。
この塗装が剥げてしまうと、水を吸収してしまい、ひび割れの原因となります。
そのため、定期的な塗装等のメンテナンスが必要です。

メンテナンスのサインと方法

クラック

外壁にひび割れ(クラック)が現れたらメンテナンスを検討しましょう。
幅0.3mm程度のクラックの段階では、建物への悪影響は小さく、すぐに手入れをする必要はありません。
軽度のクラックは弾性のある塗料を塗ることで補修できます。

一方、それ以上のクラックがあれば、雨水が入り込み建物の劣化を早めることとなるので、補修を行いましょう。
シーリング注入やエポキシ注入による補修を行うことになります。

チョーキング

壁を触ったときに手に白い粉がつくことがあります。
これはチョーキングと言われる現象で、塗料の顔料が表面に粉状になって現れたものです。
塗装の寿命が切れていることを示すものなので、再塗装を検討しましょう。

塗装の膨れ・剥がれ

塗装に膨れや剥がれがあれば、もう塗装の効果は失われているので、再塗装などの処置が必要となります。

カビ・コケの発生

モルタル外壁にカビやコケがある場合は、塗料の防水性が低下しているサインとなります。
高圧洗浄で汚れを落とした上で、再塗装を行いましょう。

モルタル外壁の補修はセイキ建設まで

セイキ建設では、モルタル外壁の補修工事を承っております。

モルタル外壁の再塗装、 シーリング注入やエポキシ注入はセイキ建設にご相談下さい!

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。