外壁材・タイルとリフォーム徹底解説!

セイキ建設のリフォーム担当です。今日は、外壁材のタイルについて解説してまいります。

写真はセイキ建設のバー、Bar.Restです。Bar.Restの下側の外壁はタイルでできています。

外壁材としてのタイルの特長

耐久性◯:メンテナンス費用が少ない

外壁材としてタイルの魅力は、耐久性が高く、メンテナンス費用が少ない点にあります。

汚れにくい、変色しにくいことがタイルの一番の特長です。

メンテナンス費用を比較すると、外壁材としてよく使用される窯業系サイディングと比べると、約3分の1程度。
例えば、窯業系サイディングだと10年に1度、100万~150万円のメンテナンス費用がかかる一方で、タイルであれば、約50万円程度に抑えることができたというケースがあります。

デザインが豊富

タイルには豊富なデザインがありますので、お好みのデザインを選ぶことができます。

高級感◯

タイルは重厚さがあり、高級感ある外観を作ることができます。

初期費用が高い

一方で、タイルの欠点は、初期費用が高いところ。窯業系サイディングの2倍程度の費用を要します。
例えば、窯業系サイディングであれば150万円のところ、タイルであれば300万円程度になる場合があります。

とはいえ、先程説明したように、メンテナンス費用を安く抑えることができます。
そのため、トータルで見ると、タイルのほうが経済的ということができます。

日頃のお手入れとメンテナンス

洗浄

先程ご説明したとおり、タイルは耐久性が高く、汚れにくく、色あせしにくいという特長があります。

そうは言っても、空気中の汚れなどでタイル表面には汚れが溜まっていきます。

そこで、定期的に水洗いなどで汚れを落とすようにして下さい。

目地・接着面

また、タイル自体の耐久性が高くても、タイルを接着するためのコーキング等は日に日に劣化していきます。

そのため、定期的に目地や接着面のメンテナンスを欠かさないようにして下さい。

そうすることで、素材自体の高い耐久性を長く継続させることができます。

タイル外壁のメンテナンスはセイキ建設まで!

セイキ建設では、タイル外壁のメンテナンス工事を承っております。

専門スタッフがご対応しますので、ぜひご相談下さい。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。