重要事項説明書とは

買主・借主に重要事項を

土地・建物の買主・借主は、契約をする前に、不動産や契約内容をしっかりと理解しておきたいものです。

宅建業者(不動産会社)は、売買・賃貸借の契約前に、不動産や契約内容に関する重要点を、買主・借主に説明することとなっています。

その際、宅建業者は、重要な点をまとめた「重要事項説明書」を作成し、買主・借主に渡します。

物件に関する説明事項

登記された権利

土地・建物に、誰のどのような権利が登記されているかを説明します。
ここでいう権利とは、主には、所有権や抵当権です。

法令に基づく制限

都市計画法、建築基準法等による規制を説明します。
建ぺい率・容積率、 建物の用途を制限する用途地域に関する事項が代表例です。

私道負担

対象不動産が私道に接している場合には、私道負担の有無、私道面積、使用料としての負担金額を説明します。

飲用水・電気・ガスの供給施設、排水施設について

飲用水、電気、ガスの供給施設や、排水施設がすでに整備されているのかについて説明します。まだ整備されていないのであれば、整備見通しを説明します。

未完成物件の場合

不動産が宅地造成・建築工事の完了前のものである場合は、完了時の形状、構造、間取り等を説明します。

既存建物の場合

建物状況調査の実施状況とその結果、設計図書・点検記録等の保存状況を説明します。

取引条件に関する事項

代金・賃料以外に授受される金銭

手付金、固定資産税、都市計画税の精算金など、売買代金・賃料以外に授受される金銭を説明します。

契約の解除に関する事項

契約解除はできるか、手続きはどのようなものか、解除の効果(損害賠償金の有無)などを説明します。

損害賠償額の予定、違約金に関する事項

損害賠償の予定や違約金に関する規定がある場合、その内容を説明します。

手付金等の保全措置について

売主が宅建業者である場合、宅建業者が手付金を受け取った場合の保全措置について説明します。

支払金、預り金を受領する場合の保全措置

支払金、預り金を受領する場合に、保全措置を講ずるかどうか、その措置の概要を説明します。

金銭の貸借のあっせん

住宅ローン等の融資をあっせんする場合には、融資額、金利、返済方法等の融資条件や、融資が受けられなかった場合の措置を説明します。

瑕疵担保責任について

瑕疵担保責任の履行に関して、保証保険契約の締結などの措置を講じるかどうか、その措置の概要を説明します。

その他

その他に、区分所有建物の場合の説明事項や、土砂災害警戒区域内にある場合に説明する事項など、いくつかの説明事項があります。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。