不動産売却にかかる諸費用

不動産を売却する際には、手数料や税金などの費用が発生します。売却にあたっては、前もってどのような費用が発生するかを把握しておくことがとても重要です。

主な費用

  • 仲介手数料
  • 売買契約書の印紙税
  • 登記費用(抵当権抹消登記など)
  • 譲渡所得税
  • その他費用(測量、解体撤去費用、不用品処分費)

仲介手数料

仲介を依頼した不動産会社に対して支払う手数料のことです。
宅建業法により以下のように上限が定められています。
売買価格はいずれも税抜です。

  1. 売買価格が200万円以下  5%
  2. 売買価格が200万円超え~400万円以下  4%+2万円
  3. 売買価格が400万円を超え 3%+6万円

印紙税

不動産売買契約書に印紙を貼って、消印をすることで納税するというものです。
売買金額によって印紙税は変わります。

契約書を売主・買主で複数作る場合には、それぞれの契約書に印紙を貼る必要があります。

登記費用(抵当権抹消登記など)

売却不動産に抵当権設定登記がある場合には、売主側で、抵当権抹消登記を行う必要があります。
その際には、登録免許税と、司法書士に依頼する場合には司法書士報酬が発生します。

譲渡所得税

不動産を売却して利益が出た場合には、「住民税」と「所得税」がかかります。

その他費用

測量費用

不動産を測量してから売却する場合には、測量費用が発生します。

解体撤去費用・不用品処分費

土地上にある建物を解体してから、土地を売却する場合には解体費用が発生します。また、不用品がある場合には、その処分費が必要です。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。