民事信託

民事信託とは?

民事信託とは、信託法に基づいた、家族のための新しい「財産管理」の手法です。家族信託とも呼ばれます。

資産を持つ方が、不動産の管理や金銭を信頼できる家族に託し、自らのために管理や処分を任せることを可能にする制度です。

あくまで一例であり、民事信託という制度を利用することによって、家族の事情に応じた多彩で柔軟な財産管理をすることができます。

新しい相続対策、財産管理方法として注目を集めています。

民事信託の重要用語

委託者

財産を持っていて、財産管理を委託する人です。

受託者

委託者より委託された財産を、管理・運用・処分する人です。

受益者

管理等による利益を受け取る人です。

民事信託の典型例(アパートオーナー)

民事信託の活用方法として最も典型的なのは、アパートオーナーの父を委託者・受益者、子どもを受託者とする例です。

アパートオーナーの父が、子ども(長男など)にアパート管理を委託し、その収益を自らが受け取るというものです。

民事信託のメリット

認知症対策

認知症になり判断能力が低下してしまうと、自己の財産の管理ができなくなり、資産が凍結してしまう例が多数あります。

認知症になる前に信託契約を締結することにより、認知症後の財産管理をスムーズに行うことができます。

成年後見よりも柔軟な資産運用

成年後見では資産管理方法について一定の制約があり、いくら本人のためであっても財産管理が成約される場合があります。

民事信託では、信託契約に基づく自由な制度設計が可能ですので、本人やご家族の実情に合わせた柔軟な資産運用が可能になります。

遺言との比較

遺言は生前には効力を生じない点で柔軟さに欠ける欠点があります。

また、遺言はいつでも撤回・書き換えができるので、相続人の立場からすると不安定な制度です。

民事信託は、生前から死後に至るまで一貫して効力を生じさせることができ、また、契約ですので撤回のリスクがありません。

民事信託は、遺言の欠点を補いつつ、生前から死後にわたった一貫して柔軟な資産管理を実現するものとなっています。

民事信託(家族信託)の相談はセイキ不動産まで!

セイキ不動産では、 司法書士、税理士と連携しており、民事信託(家族信託)のご相談をお受けしています。

相続対策、財産管理のご相談は、ぜひセイキ不動産までお寄せ下さい。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。