ブロック塀工事の必要性

ブロック塀の現状 

今あるブロック塀は作られてから50年、70年というものが少なくありません。

ブロック塀の老朽化により、倒壊・転倒の危険性が高いブロック塀が多くの場所で見受けられます。

ブロック塀は公道沿いに設置されていることが多く、歩行者などに怪我させてしまう可能性があります。

ブロック1つはなんと約20キログラムの重さがあり、見た目以上にかなりの重量ある工作物なのです。

補助金制度があります

一定の条件を満たせば市の補助金をご利用頂けます。

弊社では補助金申請方法を丁寧にご説明しています。

危険なブロック塀の例

 次に述べるようなブロック塀が危険なブロック塀の代表例です。ぜひお宅のブロック塀を確認してみて下さい。

ひび割れがある

 外から見て、傾きやひび割れがある場合には、速やかな修繕が必要です。よく見ないとわからないような小さなひび割れがあることも多いので、注意深く確認するようにして下さい。

控壁が無い

 一定の高さ以上のブロック塀には控壁(ブロック塀に垂直に設けられた小さな壁)の設置が義務付けられていますが、これを欠くブロック塀は少なくありません。

高すぎるブロック塀

 地盤から2メートルを越えるブロック塀は特に危険なものと評価されます。

鉄筋が入っていない・錆びている

 鉄筋が入っていないものや、解体してみると、経年により錆びていることが明らかになったものが散見されます。こればかりは中を見てないことにはわかりませんが、実はかなり強度の低いブロック塀であるという事例が多くあります。

ブロック塀撤去・修繕工事

 このような危険なブロック塀のある方から、弊社へのブロック塀撤去・修繕工事のご依頼が増えています。解体工事・ブロック積み工事・フェンス設置工事は日頃の工事で施工している内容であり、弊社が得意とするところです。

弊社施工例1

 道路沿いブロック塀を全て撤去させて頂き、新たにブロック2段積んで、フェンスを設置しました。お客様は、外から敷地内を見られたくないというご意向でしたので、目隠しフェンスを選択しました。目隠しフェンスの場合は風の抵抗が強いので、ブロックを新しく積むことをおすすめしています。


弊社施工例2

 道路沿いブロック塀を下から2段を残して撤去させて頂き、新たにフェンス設置しました。既にあるブロックを活かすことで、費用を抑えることができました。簡易的にでもブロック塀対策を行いたい方にはぴったりの施工方法です。


補助金制度

概要 

 静岡県と各市町村は、ブロック塀の撤去・改善する際の費用を一部補助する
TOUKAI-0 プロジェクト」を実施しています。

対象

 公道に面しているブロック塀であれば、多くの場合、補助金を利用することができます。弊社では申請書類の作成方法を、丁寧にご説明するようにしておりますので、補助金のご利用がスムーズです。

菊川市・掛川市・御前崎市のウェブサイト

菊川市・掛川市・御前崎市のブロック塀撤去の補助金に関するウェブサイトをまとめますので、ぜひ御覧ください。

菊川市 TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)

掛川市 危険ブロック塀の撤去・改修補助事業

御前崎市 ブロック塀等耐震改修促進事業

工事のご依頼はセイキ建設まで

 弊社にはブロック塀診断士資格を有する社員がおり、ブロック塀撤去・改修工事の実績多数を有しております。ご依頼をお待ちしております。

お問い合わせ

建設・不動産・フィリピン事業に関するご依頼、弊社へのお問い合わせは
電話0537-28-8091又は下記お問い合わせフォームよりお願いします。